事業内容 / 試験 / 玩具検査

玩具検査

玩具検査の玩具が安全であることは特に必要なことです。

玩具や生活日用品は子どもにとって遊びそのものです。その遊びをより楽しく、より豊かにするものが玩具です。 その玩具が安全であることは特に必要なことです。
子とも用玩具には、有害物質や安全性について厳しい基準が設けられています。欧州では玩具安全基準EN71と電動式玩具に関するRoHS指令、米国では玩具安全基準ASTM F963-07e1、電気用品安全法の法規制をうける事になります。
日本では、玩具の安全性に関して法的な対策があり、ST基準(玩具安全基準)、安全対策として機械、物理的特性や可燃性のほか、化学的特性として食品衛生法に規定されている。法的には玩具については食品衛生法により主に乳幼児が口に触れて遊ぶおもちゃや口に入る可能性があるおもちゃを対象に規格や製造に係る基準を設け、規制しています。

CMA検定検品ラボラトリーは、様々のテストを行い、日本と米国、欧州などの輸入試験に対応します。玩具に関する検査は以下の通り示します。

機械的および物理的特性の検査、おもちゃの形状や強度に関する検査、可燃性の検査
可燃安全性(使用してはいけない材料が使われていない. か、また燃えやすい「材質」ではないかを検査)など行います。

化学物質の検査 – 玩具検査
CMA検品検定ラボラトリーは様々の試験に提供しており、乳幼児用玩具は着色料と塗装する事が多い、製造過程の中に、アンチモン(Sb)、ヒ素 (As)、バリウム(Ba)カドミウム(Cd)、クロム(Cr)、鉛(Pb)、水銀(Hg)及びセレン(Se)のなど有害物質の残存する事が多いです。
化学物質分析の試験 – 玩具検査
例えば、玩具に用いられた鉛筆芯ポールペン、クレヨン、絵具など着色料Coloring Matter (繊維、紙と木以外の素材)
乳幼児の玩具は着色料が多いとみられる。そのため、着色料の溶出試験を行います。

着色料

説明

試験

規格

対象:6歳未満の玩具

溶出試験

 

対象:6歳以上の玩具

溶出試験

基準最大値10回以下

着色料Coloring Matter(繊維、紙と木以外の素材)

説明

試験

規格

対象:着色料溶出基準の適用対象を「6 歳未満」対象の玩具

着色剤には、無機顔料、有機顔料及び染料があります。

溶出試験

 

ポリ塩化ビニルを主体とする材料は、塗装された塗膜

*ポリ塩化ビニルとPP, PEを用いる部分(コーテイングする部分を除く)

説明

抽出試験:検体

規格

乳幼児用玩具は着色料と塗装する事が多い、製造過程の中に、アンチモン(Sb)、ヒ素 (As)、バリウム(Ba)カドミウム(Cd)、クロム(Cr)、鉛(Pb)、水銀(Hg)及びセレン(Se)のなど有害物質の残存する事が多いです。

過マンガン酸カリウム

最大許容範囲

2μg/ml 以下

 

蒸発残留物

10  μg/ml 以下

 

重金属鉛

 
 

三酸化にヒ素 亜ヒ酸

 
 

カドミウム

0.05μg/ml 以下

玩具の本体およびその構成部分 (印刷用インクは除く)に施された塗装

*塩化ビニル塗料を含む

説明

抽出試験:検体

 

乳幼児用玩具は着色料と塗装する事が多い、製造過程の中に、アンチモン(Sb)、ヒ素 (As)、バリウム(Ba)カドミウム(Cd)、クロム(Cr)、鉛(Pb)、水銀(Hg)及びセレン(Se)のなど有害物質の残存する事が多いです。

ヒ素(As)

最大許容範囲

25μg/ml

 

セレン(Se)

500μg/ml

 

カドミウム(Cd)

75 μg/ml

 

アンチモン(Sb)

60 μg/ml

 

鉛(Pb)

90 μg/ml

 

クロム(Cr)

60 μg/ml

 

バリウム(Ba)

1000μg/ml

 

説明

材質試験

抽出試験:検体

規格

適用対象を「6 歳未満」対象の玩具

乳幼児が口に接触しない部分 フタル酸エステル 3種類 (DBP、DEHP、BBP)

特定のフタル酸 (DEHP)

フタル酸ブチルベンジル

(BBP)

フタル酸ジブチる (DBP)

最大許容範囲

0.1 μg/ml

乳幼児が口に接触玩具

適用対象を「6 歳未満」対象の玩具

 フタル酸エステル4種類 (DINP) (DBP、DEHP、BBP)

フタル酸ジイソノニル(DINP)

フタル酸ジブチる (DBP)

フタル酸ブチルベンジル

(BBP)

フタル酸ジブチる (DBP)

最大許容範囲

0.1 μg/ml

乳幼児が口に接触玩具

適用対象を「6 歳未満」対象の玩具

 

 フタル酸エステル6種類 (DIDP、DINP、DNOP、DBP、DEHP、BBP)

フタル酸ジイソデシル(DIDP)

フタル酸ジイソノニル(DINP)

フタル酸ジニオクチル(DNOP)

最大許容範囲

0.1 μg/ml

0.01 μg/ml以下

繊維製品

 

 

説明

材質試験

抽出試験:検体

規格

24月以下の子供を対象とする繊維製品

 

ホルムアルデヒド含有量(μg/ml)

最大許容範囲

16μg/ml以下

玩具に用いられた繊維製品

 

 

説明

材質試験

抽出試験:検体

規格

24月以上の子供を対象とする繊維製品

ホルムアルデヒド含有量(μg/ml)

基準(最大値)

75μg/ml

 

ホルムアルデヒド含有量(μg/ml

24μg/ml以下

我々の玩具試験サービスは世界中の各種要求事項に対応しており、我々の専門分野は以下となります:

我々は、日々、研究・開発に取り組み、マーケットのニーズに応えるべく最新のサービスを提供すべく継続的に取り組んでいます。我々は香港で最初に、EN71‐3:2013における全てのカテゴリー(I、II、III)に対する HOKLAS の認証を受けた検査ラボラトリーです。また、我々は規制や省庁令、基準などの改正に迅速に対応しております。2011年7月、玩具の安全に関する新しい欧州指令(玩具安全指令TSD)が施行されており、第18条では化学的安全性評価が法的義務となりました。我々は同指令もとづき、規制される、禁止される、あるいは望ましくない有害物質を特定することで玩具製品を評価し、上市される前に玩具に含有される有害物質を特定・ミニマイズすべく、評価結果にもとづいた必要なアクションをアドバイスさせて頂いております。

我々は、専門的アドバイスや各製品が持つ個別性に対応した解決策の提案によって、規模が大きく著名な企業・バイヤー様との信頼関係を構築してきており、主要なグローバルマーケットにおける効率的な販売、そして、ターゲット顧客からの高い満足度を獲得するために品質検証ならびに品質維持に取り組んでおります。