事業内容 /試験 / ハードライン製品・容器包装試験

ハードライン製品・容器包装試験

あまり安全性の注意が払われないハードライン製品、健康被害はあまりない、と思われることもありますが、これらの製品のリスクはもちろん無視できるものではなく、リコールも起こっています。

ハードライン製品の販売、流通、製造に従事するのであれば、このようなリコールを経験せず、また消費者クレームを避けるためにも、信頼できる第三者の品質検証機関を活用し、製品が市場に出る前に、安心できる価値あるアドバイスを求められることが推奨されます。

CMAは、例えば、家具、グラス製品、キッチン製品、容器包装、建築材料、などハードライン製品のグローバル展開の拡大・業界先の拡大などに対し、様々な国・様々な業界で要求される物理的検証や化学的検証に関して、以下のような包括的なハードライン製品の品質試験サービスを提供しています。

  • 国際基準・規格での要求品質の検証
  • ターゲット市場への流通・販売の遅延回避
  • リコールリスクの低減
  • 製品購入者(流通や販売者)の要求事項の検証

ハードライン製品に対する物理的ならびに化学的検証の包括的な品質検証サービスの対応力を高かめることで、以下のような消費財が持つ、その機能に関し、製品構造に対し、材質に対し、安全性の検証を提供可能です。

可能です。

包括的サービス内容例

ハードライン製品に対するサービス

分析方法

容器包装の品質を検証することで、地理的な問題に関係なくシッピングを円滑にし、予定通りにターゲット市場へ流通・販売でき、場合によっては競合よりもより早く流通・販売できる可能性が高まります。

  カトラリー、キッチン製品の品質試験の一部の例は以下になります:

  • 食器洗浄・乾燥機耐久性
  • 電子レンジ耐久性
  • 耐熱温度
  • 衝撃抵抗
  • 機能性

欧州一般製品安全指令(General Product Safety Directive (GPSD))2001/95/ECによれば、EUに輸入販売される製品の製造者・流通者に対して、消費者の通常のみならず合理的に予想できるいかなる使用状況においても安全性を確保することが求められている。
欧州での整合規格(The harmonized standard) BS EN ISO 9994:2006 “ライター‐安全使用(Lighters-Safety Specification)” が、ライターの品質、信頼性、安全性の定義に適用され、機能性・燃料互換性などが品質検証されます。また、製造者や流通者が明確にわかる適切なラベル、ロゴ、会社名の表示も求められています。EN ISO 9994 での要求試験は以下となります。

    機能性の要求事項:

  • 火炎の高さ
  • 火炎の高さの調整
  • スピッティング、スパッタリング及びフレアリングの防止

    構造の要求事項:

  • 燃料適正
  • 燃料漏れの防止
  • 耐落下性
  • 耐熱性
  • 耐圧性
  • 耐火炎性
  • 耐繰返し燃焼性
  • 耐連続燃焼性

CMAでは、グラス製品の品質検証を各国の輸入するに適切な品質レベルを有しているかの検証試験を実施しており、これらグラス製品の一連の品質試験に関してはHKAS*によって認証された専門試験機関です。グラス製品に関しては ワンストップで安全性の検証試験と合わせてコンサルティングも実施しており、リコールなどの無い安全な製品であることの検証につとめています。

  • 耐熱性
  • 実温度測定
  • ひっかき硬さ
  • 耐冷性
  • 音試験
  • 食器洗浄乾燥機試験
  • 電子レンジ試験
  • 外観観察
  • 15度傾斜試験
  • 鉛・カドミウム(BS 6748英国 / EN 1388 : 1995 EU全般)

* CMAの認証については、HOKLASの認証検査機関一覧(ウェブサイト)でご確認ください(Reg. no.:004)。

  • 材質の品質試

  • プリント・コーティングの品質試験

  • 試作品に対する試験から大規模な実用試験。オーダーメードの独自試験の設計
  • 鑑定書策定
  • 仕様デザイン